現在、花粉症で悩んでいるのですが、スギ花粉 ||

スキンケアのお勉強ぶろぐ

↑ページの先頭へ
枠上

現在、花粉症で悩んでいるのですが、スギ花粉

現在、花粉症で悩んでいるのですが、スギ花粉が多い時節になると、敏感肌になって肌荒れが起こってきます。



なので、この時節にメイクを濃くすると一層悪化してしまうので、ナチュラルメイクを行っています。

アイメイクくらいはしたいなと思うのですが、敏感肌になっているため、目の周りがさらに痒くなり、絶対にできないのです。エイジングケアではコラーゲンを摂る事が非常に大事ですよね。



コラーゲンは皮膚のハリやツヤを出現してくれます。

若い時代のようなプリプリの皮膚にするには、コラーゲンが不可欠です。



コラーゲンが豊富にふくまれている食べ物やサプリメントで補充するのが効果があるようです。最近は肌の炎症性疾患ケア専用の洗顔フォームや化粧水など、肌の炎症性疾患に効き目があると宣伝されている商品がドラッグストアなどで売っています。
しかし、品数が豊富にあるため、自身の肌の炎症性疾患に合う商品を発見するのはとても難しいです。



試供品などが貰えれば試供品を一度試してから自分のスキンケア用品として合っていた場合に買うというようにするとベストかもしれません。

肌荒れというものは、いつ急に起こるか分かりません。日頃から、きちんと肌手入れを行っていても、いろいろな原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)で肌が荒れてしまうでしょう。
では、肌が荒れてきた時のスキンケアは、どうするのが正解なのでしょうか?肌が荒れた場合には、一切化粧品を使用しないといった人もいますが、保湿はいつもより念入りにする必要があるのです。湿疹や虫刺されの痕をしつこく掻いたり、風邪の時に何度も鼻をかんだりしていると、肌が薄くなることがわかっています。皮膚の構造として一番外側は表皮です。表皮は薄い層の重なりで、引っ掻いたり擦ったりすると、薄い層はどんどん減っていくのです。
表皮はいわば、皮膚のバリアですから、これがすり減ると、すぐ下の真皮も損傷を受ける確率が高まります。


ダメージを受けて真皮の機能が落ちてしまうと、肌を支えていられなくなるので、それでシワやたるみが起こるのです。

肌にできてしまったシミは、それだけで見た目年齢に影響するため、厄介なものです。


シミの正体とはいったい何なのかといえば、表皮の細胞の内に生成されてしまったメラニン色素がはがれずに肌に残ってしまったものです。
肌のターンオーバーを促進することでシミを薄くすることが期待できますが、家庭やクリニックでピーリングを行い、古くなった角質を除去すると、よりその効果が現れやすくなります。
とはいえ、ピーリングをし過ぎるとお肌の負担となってしまう危険性もあります。うっかり肌にできてしまったシミやそばかすをわずかでも薄くできたらと思って、美肌に良いといわれるビタミンC誘導体が配合された美容液を使い初めました。



顔を洗ったアトで、美容液を指先にのせて、シミとかそばかすが気になる部分に、トントンとパッティングするようにつけます。



一ヶ月ほど続け立ところコンプレックスだったシミが少し薄くなってきたのがわかって、嬉しくて、喜びの気持ちでいっぱいです。私が20歳のこと、背中が大変な痒みで見てみると、多数の吹き出物ができていたんです。すぐに皮膚科で見て貰いました。すると、ドクターから、「診察結果は肌の炎症性疾患です。原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)は食事が偏ったせいなんですが、脂肪(暴飲暴食をしていると、あっという間に蓄積してしまいます)を多く摂りすぎているんじゃないですか?」と通告されてしまいました。チョコほど肌の炎症性疾患ができやすい食べ物はないそうです。

シミでお困りの女性にぴったりの飲み物は体によいスペシャルドリンクとも言えるローズヒップティーでしょう。

レモンの何十個分ともいわれる肌トラブルに効くビタミンCがたっぷりで内側からメラニン色素ができないようにして、いろいろな要因で傷ついてしまいやすいコラーゲンの生成を助けてくれるので、シミが出来にくいお肌を取り戻し、透明感ある理想の肌へとなるでしょう。
老化の原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)にもなる活性酸素からも体を守ってくれますし、若返りにもいいかもしれません。
鼻炎やアトピーなどで肌をこすっていると、表層が剥がれて薄くなります。再生してもまだ新しいので、とても脆く傷つきやすいです。



表皮は一定期間で外側の層が剥がれ落ちて再生しますが、繰り返しストレス(刺激)を与えると表皮の再生が追いつきません。皮膚細胞の再生を担う基底層や真皮にまで影響が出てきます。真皮にまで影響が及ぶと肌を下から支える土台が脆弱になり、皺の持とになる緩みが生じて一気に顔の年齢が進んだように感じるのです。


枠下 枠上 枠下
枠上 枠下
Copyright (c) 2014 スキンケアのお勉強ぶろぐ All rights reserved.